忍者TOOLS

ミスティック・リバー
d0005296_109275.jpg「MYSTIC RIVER」

監督:クリント・イーストウッド
出演:ショーン・ペン ケビン・ベーコン ティム・ロビンス


遊び仲間だったジミー、ショーン、デイヴ。あるときデイヴが車で連れ去られ、性的虐待を受けて帰って来る。それから25年後、ジミーの娘が何者かに殺され、同じ夜、血まみれで帰宅するデイヴ。刑事になっていたショーンが事件を担当することになり、3人の運命が改めて交錯する。

この映画は、サスペンスにありがちな「誰が犯人なのか?」をテーマにしているのではなく、現実社会の問題をうまく表現している作品だと思った。内容としては、「誰が犯人なのか?」を好む自分としては、あまり納得のいかない作品だったりする。なんか話が重い、後味が悪い等多々ありますが。ニクイ演出は流石イーストウッドと思わせます(デイヴが車に乗って走り去るシーンとか、過去、現在リンクしているような描写等)。なんか、終盤までジミーはカッコよいのに、最後に誤ってデイブを殺してしまう・・・・・納得いかなかった。かなりカッコ悪いし、その後の妻の発言「パパは王様、間違ってない」・・・・(えーーー)。デイヴはどうなるん?最後のパレードのシーン、デイヴの妻がジミーを殺すのかと思いきや、終わりでし^^; まぁ誰が1番悪いのかってデイヴの妻の勘違いなんだけどねw
[PR]
by 100_shiki | 2005-04-18 12:16 | cinema
<< 21g 男のたしなみ >>
XML | ATOM

skin by excite

個人情報保護
情報取得について
免責事項
★ 当ホームページに記載されている会社名・製品名・システム名などは,各社の登録商標,もしくは商標です ★