忍者TOOLS

OLDBOY
d0005296_101037100.jpg
OLDBOY


 親しくしてもらっているブロガーさん数名が記事にしていて気になっていた作品。韓流ブームと言われているが、そんな枠を越えてます。タランティーノが好きというのも頷ける内容、そして描写。
・・・・過激な表現が幾つかあるので、心臓の悪い方にはお薦めできないかも。
 土屋ガロンの漫画「オールド・ボーイ」が元になっている所も注目すべきなのか・・・。

2004年のカンヌ映画祭で審査委員長クエンティン・タランティーノをはじめ、圧倒的な大絶賛でグランプリ受賞。「JSA」のパク・チャヌク監督が、日本のカルト・コミックを原作に作り上げた。
ごく平凡な男が、ある日誘拐され、気がつくとそこは狭い監禁部屋。その後15年間理由も分からないまま監禁され、突然解放される。いったい誰が?何の目的で!?そこには想像を絶する、恐るべき策略がめぐらされていた…!




 冒頭に登場のおやじ、本作品の主人公オ・デス。パッケージと比べるとデブッ腹の見るからにおやじ。これは撮影の為に減量をしたのか、それとも最後にデブシーンの為太ったのかはわかりませんが、役者魂を感じる。どちらを先に撮影したかわからないが、警察に保護者としてやってくる人物。監禁から出てきたオ・デスを助ける為に再び登場しますよね。それを見る限り、冒頭で登場したときより明らかに太っている。さて?この二人の変貌ぶりですが、片方は太り、片方は痩せるっといった事をしたわけですよ。個人的には太るほうが楽~な気がするのだが、どちらを最初に撮影したかは定かではありません。
 そんなことはさておき、復讐劇ならぬ復習劇・・・この発想がすごいと思いましたよ。確かに、15年も監禁されていて、監禁した主犯を殺すか?それともなぜ自分は15年も監禁されたかを知るか?究極の選択だと思う。監禁理由を知らぬままにその後の余生を過ごすのはかなり苦痛かもしれません。観てる側も苦痛ですよ(ぇ
 ゲーム感覚で楽しむ主犯。お前は「セブン」に出てくるケビンスペイシーか!(まぁケビンのほうが不気味でしたが)
 何故オ・デスを監禁したのか?がポイントとなってますが、その為に人生を復習する・・・その内容がわかるにつれ、私の中での監禁犯のイメージが変わっていくのですが、最後の姉さんを助けようと手を掴んでいるところ・・・なんて可愛そうな人なんだろうと。同情に変わってました。落ち際に姉さんがシャッターを押す・・・切ないですよ。なんか、一番衝撃受けたシーンだったかもしれません。(そういえば、監禁生活から出た最初の屋上シーンと全く同じ感じでしたね)
 唯一頂けなかったのが、真実を伝えて欲しくないがために犯人に頼み込むオ・デス。情けないというか、違う表現等はなかったのか
ここまでしなくても・・・なんか一気にオ・デスのかっこよさが失われたというか、残念でした。
 よくよく考えてみると15年も監禁され妻まで殺されたのに復讐と言う行為が薄い?まぁそれに勝る内容にただただ驚きの連続でした。
 オールドボーイ→OB→卒業生?って事なのかな。
[PR]
by 100_shiki | 2005-10-04 11:26 | cinema
<< キテます! XLARGE x 高橋名人 >>
XML | ATOM

Powered by Excite Blog

個人情報保護
情報取得について
免責事項
★ 当ホームページに記載されている会社名・製品名・システム名などは,各社の登録商標,もしくは商標です ★